【家系図】竹田恒和の弁護士チームは誰?名前は?

世間の注目を集めた事件やトラブル

こんにちは。天道です。

今回は、JOCの会長を務めた竹田恒和氏を取り上げます。

オリンピック招致を巡って贈賄の疑いをかけられている竹田氏ですが、その弁護士費用をJOCが肩代わりしていることが報じられ世間の注目を集めています。

一体、竹田氏とはどんな人物なのでしょうか?

汚職事件:竹田恒和の弁護士費用をJOCが肩代わり

竹田氏に纏わる汚職事件について「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック招致をめぐる贈賄疑惑で
フランス司法当局の捜査を受けている竹田恒和・元招致委員会理事長の弁護費用が2020年度までの3年間で約2億円に上り、
その全額を竹田氏が19年6月まで会長を務めていた日本オリンピック委員会(JOC)が負担していることがわかった。

JOCは19年3月の理事会で費用負担を決議しており、
今年度以降も、捜査終結まで負担するという。

(2021年8月8日配信)

上記の通り、この汚職事件の弁護士費用は既に2億円を超えていたのです。

しかし、捜査はまだ終了していないため、この弁護士費用は更に膨らむことになります。

”個人”の汚職疑惑にも拘わらず、”税金”が弁護士費用として投入されていることで、国民からは怒りの声が続出しています。

世間の反応

竹田恒泰のオトン竹田恒和さんは、なんで弁護士費用をJOCに頼ってんの?

自助でどうぞ 自助で

今日は竹田恒和の捜査弁護士費用が2億円について

無理やり開催したのは
この件が明るみに報道される前に五輪をやって終わりにしたかったのでしょう

間違いなくバッハも受け取った側の罪の意識があるはずです

なかったことにされる前に開催して終わってしまえば既成事実は作れます

竹田恒和さん

これ以上金かけて国に迷惑かけるくらいなら
自分で弁護士費用払うかやったこと認めちゃいなさいよ。

弁護士チームは誰?名前は?

報道によると、竹田氏の弁護団は日仏の弁護士で結成されています。

一体、この弁護士チームとは誰なのでしょうか?

そこで、竹田氏の弁護士チームについて調べてみました、詳しい素性(名前)は一切公にされていないことが分かったのです。

この弁護士チームについて情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

家系図の画像あり

竹田氏の家柄は由緒正しい家系で、そのルーツを辿ると皇族の「竹田宮恒徳王」が存在しています。

竹田家の家系図がこちらです。

※「https://ja.wikipedia.org/wiki/竹田恆和」より引用

スポンサーリンク