【解散理由】レペゼン地球と揉めたH氏は誰?名前=実名の特定は?

世間の注目を集めた事件やトラブル

こんにちは。天道です。

今回は、音楽グループの「レペゼン地球」を取り上げます。

レペゼン地球は2020年12月26日のライブを以て解散し、現在は「Candy Foxx」という名前で活動しています。

当時は具体的な解散理由が明らかにされていなかったものの、ここに来て「本当の解散理由」が暴露され世間の注目を集めています。

DJ社長によると、本当の解散理由は”ある人物”とのトラブルだったと言います。

一体、解散のきっかけとなった”ある人物”とは誰なのでしょうか?

レペゼン地球の「本当の解散理由」は契約関係で揉めたこと

レペゼン地球が解散した本当の理由について、「モデルプレス」は次のように報じています。

今回DJ社長は、解散せざるを得なかった理由として、
会社の運営に携わっていたH氏について告白。

6年前(2015年)、
警備会社の社長であったH氏とDJ社長は知人からの紹介で知り合った。

当時からDJ社長は株式会社を経営していたが、
ミスが続き6000万円ほどの借金を抱えることに。

「有名人になって稼いで借金を返済したい」

とH氏に相談したところ、
新たな会社の設立を勧められる。

H氏はDJ社長に

「君は株を持っていない状態にしといた方がいい。

DJ活動用の会社を1個作って、
君の借金が返し終わるまで、僕が株を預かっておくよ」

と言い、
100万円の資本金で株式会社Life Groupを設立。

そこでは、DJ社長が株式を49%、H氏が51%を保持していた。

理由としては、
DJ社長がビジネスで成功し有名になることで、
借金の債権者たちがDJ社長の会社の株を差し押さえることを防ぐためということであった。

その後、
レペゼン地球の快進撃によりDJ社長は債権者たちへ無事に借金全額を完済。

レペゼン地球は人気になっても相応の給料をもらえず、
経理関係の仕事を担当していたH氏はDJ社長が借金を返し終わっても株を返そうとしなかったという。

(2021年6月1日配信)

上記の通り、解散の元凶となったH氏は、DJ社長と共に「株式会社Life Group」を設立していたのです。

しかし、当時のDJ社長は多額の借金を抱えていたため、彼の資産が差し押さえられることを防ぐために、H氏が一時期的に全ての株を保有していました。

ところが、借金を完済した後もH氏はDJ社長の株式を返しませんでした。

それどころか、H氏は自身に有利な要求を一方的に突き付けてきたのです。

契約(権利)に関する話が一向に纏まらなかったことから、レペゼン地球は解散を余儀なくされたというわけです。

つまり、本当の解散の理由は「契約関係で揉めたから」というものでした。

一体、このH氏とは誰なのでしょうか?

世間の反応

こんな事になってたとは!!

マジH氏ムカつきました。

ファンでもなんでもないけど、マジムカついた!!

彼らには頑張ってほしい!!!

H氏が事務所に出資していたなら、
持株比率次第やけど法的には商標権や原盤権はH氏のものだな…。

レペゼン地球のLife Group株式会社、兵庫に所在地移ってんのな

動画のH氏、言葉が西の感じしたから今回はマジなんかな

H氏とは誰?名前(実名)の特定は?

「株式会社Life Group」の会社情報を調べてみたところ、H氏と思われる人物の名前は記載されていないことが分かったのです。

この会社の代表(責任者)は「木元 駿之介」(=DJ社長)であるため、彼以外の名前は掲載されていないのです。

表向きのH氏は出資者の1人であるため、会社の情報には名前(実名)が記載されていないのでしょう。

ファンでさえもH氏の正体を掴めていないことから、特定には相応の時間がかかると思われます。

ただ、真偽は不明ながら、H氏には息子がいるようです。

https://twitter.com/ripraidaisukiko/status/1399698064890220548

Twitterに情報によると、H氏は自分の息子を「株式会社Life Group」に据え置き、メンバー以上の給料を支払っているようです。

もしこれが事実であれば、H氏の行為は”会社の私物化”であり、”乗っ取り”とも言えるでしょう。

また、H氏の正体に関しても、過去の動画に出演した人物に疑惑の目が向けられていました。

しかし、これを裏付ける証拠はないため、断定することはできないのが現状です。

このH氏について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク