【高相祐一】母親の名前+画像↓板橋区の自宅アパートどこ?

子供や家族構成など

こんにちは。天道です。

今回は、高相祐一氏を取り上げます。

酒井法子さんの元夫である高相氏ですが、覚醒剤を使用したことで逮捕・起訴されました。

その裁判の判決が2021年5月3日に言い渡され、世間の注目が集まっています。

一体、高相祐一氏とはどんな人物なのでしょうか?

高相祐一

高相氏への判決について「東スポWeb」は次のように報じています。

2009年以来の覚醒剤事件で酒井法子の元夫・高相祐一被告(53)に実刑判決が下った。

控訴はせず、
一審判決の懲役1年8月(うち4月は保護観察付き執行猶予2年)が確定した。

高相受刑者は買った覚醒剤を1か月で使い切り、
池袋で職務質問を受けたのがキッカケで逮捕。

その直前までダルクに週1で通い、
更生プログラムを受けていた。

「(覚醒剤を)使いながらは(ダルクに)行きませんでした」

とはいえ、
尿検査すれば陽性反応が出る体で、だ。

なぜ周囲に相談しなかったのかと裁判官にとがめられると

「一度使ってしまったときに相談したかった気持ちはあるんですが、
コロナの影響で自助グループが閉まっていたこともあり…」

と言い訳。

この調子では更生は望めそうもない。

(2021年5月3日配信)

上記の通り、高相氏には懲役1年8ヵ月の”実刑”判決が下されました。

高相氏は更生中に薬物に手を出しているため、裁判官も更生は難しいと判断したのでしょう。

世間の反応

やはり今一度

”覚せい剤止めますか、それとも人間止めますか?!”

のコピーを復活させてほしい。

これは決して、
立ち直ろうとする人たちやダルクの存在を否定するコピーではないことも、
併せて徹底させればいい。

まあ、覚醒剤に手を出すとこうなる、が正しいのか、
こんな人間だから容易に覚醒剤に手を出すなのか、
どっちにしても更生はしないね。

53歳でこれだもん死ぬまで切れないでしょ。

多分長生きもしないし。。

いくらダルクに入寮しても
相当の覚悟が無ければ立ち直れないでしょう。

のりピーもこの人と知り合わなければ、
今もっと違っていたかもしれないし

親にも周りにも迷惑かけて
こういう性格は一生直らないでしょうね。

母親の名前や画像は?

高相氏の家族構成を調べたところ、両親に加えて妹の存在が明らかになりました。

父親は「次郎」という名前で、スキーショップを経営しています。

高相氏の実家は「JIRO」というスキーショップを経営しており、店名は父親の「次郎」から取られています。

ただ、母親については詳しい素性が一切公表されていないのです。

しかし、JIROの口コミを調べたところ、母親に関する情報が確認されました。

それらを一手に仕切っていた高相社長夫人の下で色々な場所に連れて行って貰えた。

※「https://jobtalk.jp/companies/27409/answers」より引用

この口コミにある「社長夫人」が高相氏の母親となります。

母親の素性(名前・年齢)は書きこまれていませんが、「社長夫人」という表現から、会社の経営には関与していなかった可能性があります。

もし母親が会社の経営にタッチしていれば、「社長夫人」ではなく「役職」で表現されているはずです。

板橋区の自宅アパートどこ?

更生プログラムを受けている最中に薬に手を出した高相氏ですが、そのきっかけは1人暮らしを始めたことでした。

1人暮らしをしたことで薬の売人に接触され、彼はその誘惑に打ち勝つことが出来ずに薬に手を出してしまったのです。

高相氏が1人暮らしを始めたのは2020年6月の時。

その場所は板橋区のアパートでした。

昨年(2020年)4月ごろ、退寮を認められ、
寮に住みながら池袋の居酒屋でバイトしていた。

その2か月後、
板橋で一人暮らしを始めたが、これがマズかった。

※「https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2648079/」より引用

このアパートは義弟の名義で契約されたものでしたが、具体的な住所(場所)は特定されていませんでした。

現在までに目撃情報もないため、高相氏はひっそりと暮らしていたと思われます。

ただ、今回の判決では実刑が確定したため、板橋区のアパートは既に引き払っている可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク