【顔画像】裁判官:廣谷章雄の経歴↓NHK受信料は法律がおかしい

経歴やプロフィールなど

こんにちは。天道です。

2021年2月24日、NHKを視聴できないテレビに対する契約義務の有無を巡る裁判の判決が東京高裁で下されました。

今回の裁判を担当したのが廣谷章雄 裁判官です。

一体、廣谷裁判官はどんな判決を下したのでしょうか?

NHKを視聴できないテレビでも契約義務が発生する

今回の裁判について廣谷裁判官は次のような判断を示しました。

NHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置した東京都文京区の女性が、
受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が24日、
東京高裁であり、
広谷章雄裁判長は女性側勝訴とした一審東京地裁判決を取り消し、
請求を棄却した。

広谷裁判長は、
放送法はNHK放送を受信できる環境のある人に負担を求め、
契約を強制できる仕組みを採用していると指摘。

NHKを視聴できなくする機器をテレビに取り付けても、
元に戻せる場合は契約締結義務を負うとした。

その上で、
女性の設置したテレビはブースターや工具を使えばNHK放送の視聴が可能になると結論付けた。

※「JIJI.COM」より引用
(2021年2月24日配信)

上記の通り、廣谷裁判官は、NHKを視聴できないテレビでも、それが視聴可能な状態に復旧できる状態にあることを理由に「契約義務がある」との判断を示しました。

裁判官は法律を元に事件を判断するため、今回の判決は「妥当」と言えます。

そのため、ネット上では廣谷裁判官ではなく放送法そのものに対して批判の声が殺到しています。

世間の反応

NHKには明らかに放送法4条に違反してる内容がある。

法令順守してない放送局と強制契約させるのは憲法違反ではないか?

NHKは法律を遵守してから契約を求めるべきだ。

監督官庁である総務省は役目をはたしていない。

相変わらず時代錯誤な判決ばかりですね。

何のための三権分立なのでしょうか。

こういう裁判こそ裁判員裁判でやって欲しいものです。

負担が公平であるべきで、
視聴しない人にまで負担するべきだというなら、
そもそも税金で運営すべきです。

なんじゃこの圧政は!

これが民主主義と言えるのか。

建前上の民主主義も崩壊して
ついに本格的に国民から搾取する封建社会に逆戻りし出したか!

廣谷章雄 裁判官の顔画像↓経歴あり

廣谷裁判官の顔画像がこちらです。

主な経歴については以下の情報が確認されました。

主な経歴

生年月日:1957年11月2日生まれ

年齢:63歳
(2021年2月現在)

最終学歴:早稲田大学

※「https://yamanaka-bengoshi.jp/2019/02/23/hirotani37/」参照

廣谷裁判官は2022年4月を以て定年を迎え、裁判官を退官する予定です。

ただ、出身高校に関する情報は公開されておらず不明となっています。

法律がおかしい!なぜNHKの受信料は義務がある?

放送法では、NHKを受信できる機器を保有していれば、強制的に契約を結ぶ義務が生じると定められています。

しかし、この法律には罰則が規定されていないのです。

つまり、NHKの受信料を支払うことは義務ではありません。

ところが、今回の裁判で示されたように、たとえNHKを受信できないテレビでも契約義務が生じるため、受信料の支払いは”間接的”に義務化されていると言えます。

一般的な市民感覚で言えば、視聴していないテレビの受信料を支払うことは到底納得がいきません。

しかし、NHKは「公共放送」を理由に、国民に受信料の”一律負担”を求めているのです。

テレビ業界には「スクランブル化」という手段があり、これは契約者しか番組が視聴できるシステムのことです。

BSやCSでもスクランブル化が実地されているため、NHKもスクランブルを実施することは技術的には可能です。

それにも拘わらず、NHKがスクランブル化を実行しないのは次のような理由を挙げています。

NHKは、広く視聴者に負担していただく受信料を財源とする公共放送として、
特定の利益や視聴率に左右されず、
社会生活の基本となる確かな情報や、
豊かな文化を育む多様な番組を、
いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割を担っています。

また、スクランブルを導入した場合、
どうしても「よく見られる」番組に偏り、
内容が画一化していく懸念があり、
結果として、視聴者にとって、番組視聴の選択肢が狭まって、
放送法がうたう「健全な民主主義の発達」の上でも問題があると考えます。

※「https://www.nhk.or.jp/faq-corner/2jushinryou/01/02-01-08.html」より引用

上記の通り、NHKがスクランブル化を実行しない理由は「視聴者のため」と回答しているのです。

しかし、ネットの反応を見る限り、受信料の支払いについては否定的な声が大半を占めています。

そのため、「視聴者のため」という理由はNHK側のエゴとして言いようがありません。

恐らく、「視聴者のため」という理由は建前で、本当の理由は「財源の確保」でしょう。

スポンサーリンク